気の流れ

青空と木

温熱療法とは、物理療法のひとつです。病気の人の身体を温めることのより、身体の気の流れを良くし、滞っている悪いものや血流を良くする働きがあります。それにより、熱エネルギーが身体に行き渡り、病気を治すという治療法が温熱療法なのです。温熱療法は、古くから行われており、日光浴や温泉浴といった方法などがあります。また、赤外線や電気の熱などの機器を使った方法もあります。病院でも温熱療法を取り入れている所もあり、薬物療法などと併用して治療を行います。温熱療法を行う際は、続けるということが一番大切です。一度だけではなかなか効果もわからない場合があるので、定期的に続けるようにするとより実感することができるのです。

温熱療法はさまざまな病気に効果があると言われています。自立神経を整えたり、腫瘍を小さくしたりとたくさんの病気を良くします。その中でも特にガン癌治療に効くと注目されています。がん患者の身体を温めることにより、熱により免疫力が高まり、がん細胞が破壊されたり、がん細胞の抑制に繋がるのです。なんといってもがん細胞は熱に弱いため、改善が期待できます。また、薬物療法を併用して行われる場合が多いのですが、そういった薬の使用量を減らすことが期待でき、副作用の少ないガン治療をおこなうことができるのです。温熱療法は副作用がないと言われているので身体にも優しく、安心して治療できます。また、それだけではなく、食欲の向上や上質な睡眠などのにも効果があります。